一人暮らしを通して大人に近づく

一人暮らしを通して大人に近づくはずだったけど、実際には大きく変わったものはない。夢を追いかけてたはずだけど、いつのまにか一人暮らしの日々の中に埋もれてしまっている。

今日から始まる一人暮らし。こんなに気持ちが高鳴るのはいつ以来だろう?特に、やりたがあって上京した訳でもない。はっきりとした夢が頭の中に描かれているわけでもなかったが、何かがきっと絶対待っている。そんな自信に満ち溢れている今日。引越しの業者さんにも今まで誰にも見せたことのない優しさが飛び出してしまう位だった。ある程度引越しの作業も進み、後は自分でやるからと言い、笑顔で業者さんを見送る。そんな自分がなんだか、一段階段を登りちょっとだけ大人になったみたいだった。

一人暮らしであまりに興奮する

部屋の真ん中で大の字に寝転がり、新居に笑顔が止まらない。綺麗なわけでもなく広いわけでもない、しかし自分にとってはお城に見えてしまうくらい、一人暮らしが心地よく感じる。あまりの興奮に自分を落ち着かせようと、深呼吸をして目を閉じる。しかし、逆効果みたいだった。テレビを点けてもいない、外から音楽が流れてもいない、なのに、どこからか楽しい音楽が流れているかの様に楽しい気分になってきたのだ。少しおかしくなったかな。

一人暮らしの課題はまず仕事

恐らく今日の夜は眠れないだろう。そんな、胸高鳴る一人暮らしがスタートしたのだ。一夜が明けて、楽しい新居生活2日目がスタートした。しかし、問題があった。仕事がまだ見つかっていない事である。これでは、楽しい一人暮らしを外で暮らす派目になってしまう。ある程度貯金があるからよかったものの、やはりちゃんと見つけてから引っ越して来るべきだったと後悔をしてしまった。貯金も家賃に二ヶ月分位しかないので、早急に探さなければならない。

Copyright 一人暮らしを通して大人に近づく 2017
無断転載、無断コピー等一切を禁止します